menu

アパート経営、オーナー自身が住むことによるメリットとデメリット

はじめに

アパート経営を考える際、「自分(オーナー)もそこに住んだ方がいいだろうか?」と考える人も多いでしょう。実際、集合住宅に大家さんが一緒に住んでいたりしますね。
オーナーが自身の経営するアパートに一緒に住む場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

物件購入前にローンの違いを確認!

もし、オーナー(とその家族)自身がそのアパートに住むとしても、「住宅ローン」を適用することはできません。
「不動産投資ローン(アパートローン)」は不動産投資をすることを目的とし、賃貸物件を購入するためのローンです。
その場合、アパートは不動産投資目的となるので、アパートローンしか組むことはできません。そして例えばオーナーの一室だけ例外的に「住宅ローン」を適用してもらう、ということはできないので注意が必要です。

オーナーが一緒に住む場合のメリットは?

まずは自宅と家賃収入があるということがメリットとなるでしょう。
自宅と経営用アパートが別にあると、自宅用のローンとアパートローンをどちらも払う必要があります。
また、自分自身がアパートに住むことで、住宅のトラブルにも気づきやすいといったメリットもあります。例えば共有部分の電灯が切れる、エレベーターの不調・異常といったことにも速やかに対処しやすくなることで住人の信頼を得て長期的に安定した家賃収入が期待できるでしょう。

オーナーが一緒に住む場合のデメリットは?

もちろんですがアパート経営では、自分自身の部屋は家賃収入には含まれません。
そしてアパート(建物・設備)は経年劣化します。最初の10年はよくても、次の10年、その次の10年…となると壊れたところは直し、問題のある施設や部分的な備品など取り換えなくてはいけないところの対応に追われます。
そして単純に、新築アパートより、築数十年のアパートは、よほどしっかり管理していない限り、人気が下がることが予想されます。

また、もとより「経営・投資用アパート」は「自己居住用アパート」より少し「設備のグレード」が低いのです。
もしオーナーが「リタイヤ後も住み続けたい」と思っているのであれば、終の住み家として経営用アパートが適しているかどうかは疑問です。もちろんそれまでに複数のアパート経営を成功させていて、不要なアパートを売却・整理し、自宅を別に用意するのであれば問題ありません。
「住む場所」も「経営物件の場所」も同じにしてしまうと、後年問題が起きやすくなるリスクがあることを覚えておきましょう。

アパートより、賃貸併用住宅がおすすめ

結論として、投資用物件と自宅を同時に確保したいという方には、「賃貸併用住宅」がおすすめです。
賃貸併用住宅とは、居住スペースの割合が建物全体の50%以上としている建物で、残りのスペースを賃貸用スペースとする形の物件です。
そして賃貸併用住宅は条件を満たすと「住宅ローン」を適用することができます。

確かにアパート経営の方が明らかに部屋数は多いので、それだけ多くの家賃収入を得られるように見えますが、多くの家賃収入を維持するということはそれだけ大きな労力と大きな維持・管理費が必要なのです。

7b5a306c397bcee64b90a6d583d61e91_sオーダーメイドアパート建築に必要な床材の種類

68 (2)不動産の還元利回りってなに?~その意味などについて~

関連記事

  1. 317701a0c70d2c8384afbea3e1fcfb85_s

    ロフト付き アパートの魅力は?ターゲットはだれ?

    ロフト付きのアパートはオシャレというイメージから今でも人気物件のひとつとなっています。しかし、その一…

  2. 2b530e80c7d0de90885e285c5d7980631

    アパート経営で住宅ローンを組んだ時ローンの返済はいつから?

    不動産投資の人気が高まっている現代、多くの人が税金面や金利の優遇、審査の緩さなどから住宅ローンを借り…

  3. a2753d1ced117d10c4c2e92389305424_s

    アパート経営をすることによってできる税金対策について

    アパート経営をして税金対策を考えている人は多いと思います。しかし実際どのようにして税金の対策に繋…

  4. bedroom-1940169_1280

    アパート経営で住宅ローンを借りられるのか?

    アパート経営を始める場合、多くの方が金融機関から融資を受けることになります。ローンの種類によって金利…

  5. 97fa78784b89b3f172debe931853ecaa_s

    アパート経営のための融資利率の相場はどれぐらい?

    資産を運用するために、少ない資金からアパート経営を始めるのであれば金融機関から融資を受けるのが一般的…

  6. 150303051930_TP_V

    アパート経営に不安を抱くのは悪いことではない!?

    資産運用のために、本業とは別に行いやすいアパート経営を初めようと考えておられるかもしれません。しかし…

  7. 550071f7004fec45d7ff628b848bad82_m

    それは正しい節税ではない!?節税と租税回避の違いとは?

    不動産経営者を含め、全ての経営者は所得を増やすことが経営での目的となります。しかし、経営者には納税義…

  8. MAX87_senjyutuwominaosu20140531_TP_V

    築年数が経過したアパートの経営を継続するための対策

    【はじめに】「ウチのマンション、建ててからだいぶ経ったなぁ」そう悩んでいませんか?アパート経…

最近の記事

  1. d7d33887bd879f399d0645c61e837502_s
  2. TSURU070701_TP_V
  3. f3a3f3e8bbf7be2f1d4d5cba54d2e348_s
  4. 1a67a0d11357692b22127e5495349eca_s
  5. 67 (4)
PAGE TOP