menu

相続した建物の評価額について

はじめに

亡くなった方の残した財産は、そのときの時価で計算する必要があります。
現金や預貯金・有価証券などは、そのときの時価がわかりやすい財産です。
しかし財産の中で大きな割合を示す不動産の時価を求めるには、どうすれば良いのでしょうか?
この記事では、相続する建物の評価額について紹介していきたいと思います。

建物評価額を確認するには?

さて、相続した不動産は、どのようにして評価額を確認するのでしょうか?
まさか、そのためだけに不動産を売りに出すわけにもいきません。
国税庁では、財産評価基本通達という共通したルールを提示しています。

しかし、実はもっと簡単に知る方法があります。
固定資産をお持ちの方には、毎年住所地の市区町村から「固定資産税納付通知書」が届いていると思います。この通知書には、固定資産税の評価額が記載されていて、それがそのまま建物の評価額となります。

ケースごとの評価額について

先に挙げたのは建物の固定資産税評価額でしたが、その建物がマンションや貸家のときはどうなるでしょうか?

アパート・マンションの場合

アパート・マンションの場合は、通知書に記載された固定資産税評価額が非常に大きくなっている場合があります。
これは1棟全ての評価額になっているためです。
この中から部屋ごとの評価額を割り出すには、この項目の隣「課税標準額」という項目を見てみましょう。
そこに記載された金額が部屋ごとの固定資産税評価額になります。

貸家の場合

建物を所有していても第三者に貸している場合もあります。
そういった場合はどうなるのでしょうか?
貸家に関しては、なんと固定資産税評価額から30%をオフして良いことになっています。
貸家は、自宅用の家屋よりも、いろいろな制約や売却リスクがあるため、それを考慮して固定資産税が割安になるという仕組みです。
ちなみに、家賃をとっている貸家だけでなく、無償で貸している場合も30%オフは変わらず行うことができます。

借家権の割合について

「何を根拠に借家だと30%オフになるのだろうか?」と、気になる方もいらっしゃるかも知れません。
これは、借家権割合という各地方自治体で定めた割合となります。
自治体ごとにばらつきはありますが、多くのところで30%となっています。
ちなみに令和3年度はすべての自治体で借家権の割合が30%になっているようです。

まとめ

今回は、建物を相続する場合の評価額について紹介しました。
土地の場合は、きちんと計算する必要がありますが、建物に関しては「固定資産税納付通知書」を見るなど、簡単に確認することができます。
こういった知識を知っていることも大事ですね。

23238657_sリフォームで相続税対策ができるのか?

23328308_s知って得する!オーダーメイドアパート建築時の補助金について

関連記事

  1. 8091114ea96c8481a09d3d40695ec23a_s

    独身サラリーマンができる節税対策

    【はじめに】 あなたはどれくらい税金を納めているか把握してますか?独身だと財布を握る人がいな…

  2. IMG_2021-450x600[1]

    賢いロフトの使い方とは?ロフトの空間を使って収納を増やす

    1人暮らしのワンルームにはロフトは必要不可欠でロフトがある部屋とない部屋では収納や空間などが全く違っ…

  3. 47829353bd052999a0b31568d322c0f8_s

    会社員でも出来る節税の仕方・方法とは?

    【はじめに】節税って聞いて皆さんはどう思いますか?あまり馴染みもなく特に意識した事がない人も…

  4. 65 (6)

    個人事業主の節税方法について

    【はじめに】個人事業主の方にとって収益を上げることも大事ですが、それに伴ってかかってくる税金がい…

  5. 532a6e49ee8cde892faa2279bb0faa68_s

    祖父の遺産を孫は相続できる?

    【はじめに】基本的に相続は、被相続人の子がすることになっています。子が健在の場合、孫はどうして祖…

  6. 23238657_s

    リフォームで相続税対策ができるのか?

    はじめに相続財産を節税するうえで、「相続税の対象となる財産を減らす」という考え方と、「評価額を下…

  7. 889ec7c9741efb98425e45312a9765df_s

    結婚した相手が再婚で連れ子がいる場合の相続について

    はじめに今、日本では夫婦の3組に1組が離婚すると言われています。ずいぶん多いように見えるかも…

  8. 16afd366c17beebcfaf4ac761c78d746_s

    法定相続人(受取人)の順位と法定相続人について

    【はじめに】皆さんは相続をされたことがあるでしょうか?相続と聞くと誰が受け取れるのか気になるとこ…

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 4192461_s
  2. 23190999_s
  3. e9f4459d0f71eef57ca02a61256c799b_s
  4. 23212538_s
  5. 2243300_s
PAGE TOP