menu

相続財産は財産分与が出来ないってホント!?

離婚を考えておられる夫婦の多くは、今ある財産を互いに公平に納得のいく形で分けたいと思っておられます。夫婦がもつ財産の中には、夫婦2人で築き上げてきた財産の他に、結婚前に個人で貯蓄したものや、親からの相続が含まれます。そういった財産の中には財産分与出来ないものがあります。今回は、その点についてご説明したいと思います。

・今ある財産全てが財産分与できるわけではない!

夫婦生活を長年送ってきたとしても、現在手元にある財産全てを夫婦間で財産分与できるわけではありません。財産分与できるのは、夫婦が共同で得た共有財産のみです。その中には、現金だけでなく家具や家電、退職金、厚生年金、土地や建物といった不動産も含まれ、公平に分配されます。

購入した名義が夫婦のどちらかの場合でも結婚後に得たものは分与の対象です。しかし、逆に結婚前に個人で得た物は分与の対象外となります。加えて、婚姻中であっても親から相続した財産に関しては分与対象外です。これは現金であっても不動産であっても相続物の種類に関係なく分与出来ません。

・相続したものでも財産分与できる!?

原則として結婚後に夫婦で得た財産以外は分与の対象外となりますが、相続した遺産が分与の対象になる場合もあります。その理由として2つありますが、ひとつは「夫婦財産契約」という個人間の財産の所有権や婚姻後の費用負担などを事前に話し合い契約を結んでいる場合です。

しかし、この契約は婚姻届提出前に締結していなければ無効となり、申請も厳しいものです。仮に夫婦生活における費用分担は事前に話し合い契約することはあっても、財産分与を決めておく、言わば離婚前提で婚姻届を提出する様な事はほとんどあり得ないでしょう。ですから、この法律の元での財産分与はあまり現実的な話ではないかもしれません。

加えて、もうひとつの財産分与できる方法としては、相続した財産を維持するために夫婦の協力が不可欠であったと判断された場合です。今までに、分与対象と判断されたケースには、夫の親から相続した旅館でも、妻が女将として切り盛りし、相続財産を維持、繁栄させたことが認められたため財産が分与されたという特例があります。

しかし、この特例は稀で、相続した土地で、配偶者が事業を始め生活費を稼いだとしても、貢献分に応じた財産分与を行われるケースはありますが、相続した土地の財産分与は認められず、相続財産の分与は基本的に出来ない場合の方が多いようです。

・まとめ

婚姻中に夫婦で築いた共有財産は分与の対象ですが、婚姻前のものや相続したものに関しては財産分与の対象外となります。しかし、遺産相続した財産については、夫婦財産契約を婚姻前に結んでいた場合や、特例が認められた場合は財産分与の対象となる場合もあります。

ただ、これらのケースは稀で、ほとんどの場合、相続財産は財産分与対象外となると思っていた方がよいでしょう。財産分与の線引きは法的にハッキリと定められてはいますが、やはり愛着のある物もあり離婚協議中ともなると財産分与でもめてしまうケースは多いようです。弁護士などに相談しながら進めていきましょう。

4ea978a1e4564bf823643675d3b3f7df_s相続した不動産の固定資産税は管理方法で違う!?

a44c2ece5e097630565ce0f0ed05bb67_sオーダーメイドアパートで外観をおしゃれにすることは重要?

関連記事

  1. cc34f028f65d5af3cdfca68a300ad9e3_s

    6親等の親族は法定相続できる?

    はじめに民法によれば、「親族」とは配偶者、3親等までの姻族、6親等までの血族となっています。…

  2. 86aa28cd022907ba3242fd85bd76f246_s

    子の配偶者(婿・嫁)への相続はできるのか?

    【はじめに】例えば、お世話になった義理の息子や娘…娘婿や長男のお嫁さんに遺産を相続させることはで…

  3. 03da18dbf8c57eab0c955ea0e7b5669a-450x600[1]

    スウェーデンの深く味わいのある北欧風住宅の特徴とこだわり

    北欧スウェーデン発祥の家具「IKEA」が日本に進出して10数年が経ち、日本でも北欧家具や、インテリア…

  4. MAX87_senjyutuwominaosu20140531_TP_V

    会社員の方の節税のやり方について

    【はじめに】給与を受けている会社員の方などは、年末調整を会社が行ってくれるので確定申告は必要ない…

  5. 6579d61280a9cdcf3eef0978dbdd1225_s

    非居住者の相続手続きについて

    はじめに所得税法によれば「居住者」とは、国内に住所を持っているか、国内に引き続いて1年以上「居所…

  6. 28626e622b09d1669445db5d210d7e45-800x600[1]

    デッドスペースをうまく活用してすっきり綺麗に!出窓の収納術

    せっかく出窓があってもうまく活用できない、つい物をたくさん置いてしまってごちゃごちゃしてしまうなど出…

  7. TSURU070701_TP_V

    相続税の控除が受けられるのはどんなケース?

    【はじめに】相続した資産が一定の金額を超えると、相続税が発生します。逆に言えば超えなければ相続税…

  8. IMG_2021-450x600[1]

    賢いロフトの使い方とは?ロフトの空間を使って収納を増やす

    1人暮らしのワンルームにはロフトは必要不可欠でロフトがある部屋とない部屋では収納や空間などが全く違っ…

最近の記事

  1. d7d33887bd879f399d0645c61e837502_s
  2. TSURU070701_TP_V
  3. f3a3f3e8bbf7be2f1d4d5cba54d2e348_s
  4. 1a67a0d11357692b22127e5495349eca_s
  5. 67 (4)
PAGE TOP